いつから「塩が悪者」になったのでしょう。正しく塩を取れば毎日元気に過ごせます。

◆そもそも「身体に良いミネラル塩」と「身体に悪い精製塩」の違いを知っていますか?

 

解りやすく大まかな説明になりますが、

 ①海水(ミネラル塩):

   塩化ナトリウム78%/22%ミネラル分

(自然界に存在する比率の塩)

 

 ②精製塩(工業塩):塩化ナトリウム99%

(自然界に存在しない比率の塩)

 

 精製塩を食べるのは工業製品を口にするのと同じ。「精製塩、食卓塩」は塩とは呼べません(ただの塩化ナトリウム)

 

 ここでいう 「身体に良いミネラル塩」とは”海水に近いミネラル塩”のことです。

・おおよそ78%〜86パーセントまで。

・できれば「天日干し」

    手に入らないなら「窯焼き」でも良い。

 

 精製塩は口にすればするほど”身体のバランスを崩し”様々な症状が出てきます。

   ミネラル塩はどんどん元気になれます。


 塩を選ぶ時は裏書の成分分析表を見て、できるだけ海水に近い塩を選んでください。

 

   初級編の濃さに慣れてきたら、中級編に進んでも大丈夫です。

  ※詳細は下記にある院長のオススメ書籍「すごい塩」を読んでいただけると理解が深まります。

 

 

 

院長のオススメ書籍 と 塩水で飲むときにオススメの塩

◆塩水の飲み方(初級編)

①500mlペットボトルに「小さじ1/2 (約2.5g)程度」のミネラル塩を入れます。

 

②ペットボトルに浄水器を通した水500mlを入れます。(蛇口に取り付ける浄水キャップでも可)

どうしても用意できないときは、市販のミネラルウォーターでも結構です。

 

③ペットボトルをよく振って塩を溶かします。

 

④その塩水を一日数回に分けて飲みます。

飲むときはそのままでも、コップに入れて、

更に水で薄めて飲んでも結構です。体調に

あわせて方法は決めてください。

 

 

※水は1日約2L程度飲むことがオススメです。

 その内の500mlを上記で作った塩水を

    飲んでください。

 

塩水の飲み方(上級編)は文章では伝わりずらいため説明が必要です。施療時に直接院長へご確認ください。