ぎっくり腰の主な原因は「内臓の疲れ」です。急なぎっくり腰でこのページを見た方は、まずはとにかく冷やしてくださいね。

ぎっくり腰ひとつとっても原因は

①内臓の疲れ

②骨盤・腰椎(腰の骨)

③頸椎(首の骨)

④椎間板ヘルニア

⑤筋肉のズレによる炎症

の大まかに5つの原因が 考えられます。

 

その中の真の原因を見つけ出して、原因を中心に施療を組み立てます。主には内臓と頸椎が多い傾向があります。

時期として、夏の疲れが出る8月末~9月、それと年末年始に集中します。

夏の冷たい物の取りすぎが、秋の初めにぎっくり、腰痛として出ます。年末年始は忘年会、お正月で内臓の疲れからくるぎっくり腰が増加します。

お気をつけ下さい。